私たちが目指すもの

まとまる力で未来をつくる

人々がひとつにまとまることで、世の中に新しいメリットや、これまで見えなかった価値や幸せを生み出したい。私たちは、「まとまる力でもっと世界を良くしていきたい」という想いを持って、新しいビジネスをつくりだし、社会の役に立つ事業を行ってまいります。

私たちが大切にしているもの

クレド・行動規範・朝励

私たちが毎朝、取り組み、見直し、確認している大切なものが3つあります。こちらでは、私たちが価値観としている「八方良し」と経営理念「まとまる力で未来をつくる」を実現させるための考え方や行動指針、取り組みをご紹介いたします。

私たちの志すこと

新しい価値を創造し
未来をつくる

私たちは、エネルギーというインフラを提供する企業として、お客さまとの信頼関係を構築してまいりました。これからも「まとまる力で未来をつくる」という理念の実現のため、さまざまな角度から深く考え、社会から絶対に必要とされる組織や会社をつくり、新しい価値を創造していくこと。社員がそれぞれの役割を通して社会的責任を果たし続け、より強い信頼を築いていくこと。そんな大きな志を胸に、私たちはこれからも「未来をつくる」チャレンジにアタックしてまいります。

私たちの事業の強み

私たちの事業について

中央電力は、「マンション一括受電サービス」のプラットフォームを機軸に、電気、ガスなどのエネルギーサービスをマンション以外にも広く展開予定です。電気料金削減だけでなく、様々な付加価値サービスを通して顧客拡大をはかっていきます。また、電力小売事業、地熱発電などを通した地域の活性化事業などとの相関関係を深め、私たちならではのユニークな事業にもチャレンジしてまいります。

私たちのヒストリー

私たちの事業について

中央電力は2016年9月に創業23年を迎えました。私たちは、3つの「日本で初めて」の会社です。

  1. 1 今では当たり前になっているマンションの一括受電は、中央電力が2004年に日本で最初にスタートさせました。
  2. 2 また、2015年には熊本県小国町に日本ではじめて、世界では2番目となる地元主体の地熱発電所を立ち上げました。
  3. 3 2016年「まとまる力で未来をつくる」という理念を掲げ、3番目の「日本ではじめて」に挑戦してまいります。

東大阪の町工場の小さい一角から始まった私たちの「日本ではじめて」へのチャレンジ・ヒストリーをご紹介します。