マンション一括受電って?

マンション業界のスタンダードになった「一括受電サービス」

マンション業界のスタンダードになった「一括受電サービス」

高圧契約は、既に2005年から『電力自由化』がスタートしています。
「マンション一括受電サービス」はマンションの特徴を活かして最大限のメリットを享受することが可能なサービスです。いまやマンションでは一般的となった「一括受電」ですが、中央電力は国内で最初に既存
マンションを中心にサービス導入をご提案し、これまでに約1,900棟(※)を超えるマンションの電気料金を削減してまいりました。

※2016年11月時点

Q

今さらだけど、
マンション一括受電サービスって?

A

ペットボトルの水を1本で買うよりも、まとめて買う方がおトクになるように、各家庭ごとの地域電力会社との直接契約からマンション全体で1つの契約に契約変更することで、これまでより
おトクに電気をご利用できるサービスです!

ペットボトルもまとめ買いがおトクなように...マンションもまとめると電気料金がおトクに!!

ペットボトルもまとめ買いがおトクなように...マンションもまとめると電気料金がおトクに!!

Q

中央電力は
何をしているの?

A

電気をマンション全体でまとめて契約すると、毎月の電気メーター検針や電気料金請求、電気設備の点検を地域電力会社が請け負ってくれなくなるため、マンション管理組合さまで行う必要があります。しかし、これらはとても大変なためそれをお手伝いしているのが、中央電力です。

共用部は20~40% 専有部は最大10% おトクに!
共用部は20~40% 専有部は最大10% おトクに!

Q

実際どう安くなってるの?

A

マンション一括受電サービスには、共同部がおトクになるプラン(皆さまが使用されるエレベーター、機械式駐車場、エントランスや通路の電灯など)と専有部がおトクになるプラン(各ご家庭の電気)があり、サービス導入検討時に管理組合さまにご選定いただき、さらに全世帯の皆さまに承認(お申し込み)いただき決定しています。
共用部プランを選択されたマンションでは20~40%、専有部では最大10%の電気料金を削減できます。

まずはお気軽にご相談ください。
お見積りのご依頼もお気軽に
お申し付けください。