電気料金削減のしくみ

個別から一括へ契約を切り替えることにより、
託送コストが削減でき電気料金が安くなります。

マンションの電気はなぜ「まとめ買い」で安くなるのか?

マンションにお住まいの方は、各戸で電力会社と契約(低圧契約)を結ばれています。中央電力の「マンション一括受電サービス」では、マンション一棟分の電気を一括購入することで、工場やテナントビルと同じ契約(高圧契約)に変更し、単価を安くすることで、その差額によって電気料金を削減します。

導入イメージ

導入前では電気料金単価の高い低圧契約で、各戸が個別にご契約されています。(一般の戸建住宅と同じ契約です)そこに、受変電設備を設置し、マンション内の電気をまとめて契約することにより、電気料金の単価が安い高圧契約を利用することができます。(工場やテナントビルと同じ契約です)

一括受電と導入コストゼロのしくみ

サービスの導入費用は、低圧契約から高圧契約に変更することで発生する「電気料金の差額」と「削減される託送コスト」から捻出。管理組合さまに新たな費用の負担はありません。リスクなく電気料金削減のメリットを最大限お受け取りいただけます。

  • ※電気室の鍵の交換費用のみ実費必要となります。
  • ※既存キュービクルの保安点検は、中央電力ソリューションが同額でお受けいたします。

導入費用について

導入費用について

導入コストについて

導入コストについて

マンション一括受電における中央電力の役割

サービスの導入に必要な業務は中央電力がお引き受けします

電気設備の調達など、サービスの導入に必要な業務はすべてお任せください。毎月の検針、請求管理、電気設備の保守管理など、これまで地域電力会社が担っていた業務も管理組合さまに代わり、中央電力がお引き受けします。

中央電力が設備を設置

中央電力が設備を設置

まずはお気軽にご相談ください。
お見積りのご依頼もお気軽に
お申し付けください。