安心のサポート体制

マンション内の漏電を監視し、
電気の安全を見守ります。

毎日の安心をサポート

通常のマンションでは、関東で3年に1度、関西では4年に1度専有部分のみ漏電検査が実施されていますが、中央電力の「マンション一括受電サービス」の導入後は、24時間365日体制でマンションの電気の安全状況が見守られるようになり、安心度がぐっと高まります。(無償対応)

24時間365日体制で見守ります

毎日

24時間有人受付ダイヤルで「安心サポート」
いつでも見守っている「漏電監視装置」

漏電監視装置で、24時間365日監視し、異常があれば、中央電力に連絡が入り対応いたします。

2ヶ月毎

専門の技術者による「電気室内の点検」

専門の技術者がマンションの電気室内の点検を行い、報告書を2ヶ月に1回提出します。異常が発見された場合は、理事会に報告を挙げ、ご要望に応じて原因の追求と改善を実施します。

毎年

お部屋ごとにメーターの「漏電点検」

一年に一回、各戸のワットアワーメーターの点検を行います。火事の原因となりうる「漏電」が生じていないかを全世帯分確認をします。

3年毎

マンション全館の細部にわたる「精密点検」

3年に一度、マンション全館を1時間ほど停電させ、マンションのすみずみまで問題点がないかチェックし、すべての項目の報告書を提出します。

緊急時のサポート体制

万一、事故が発生した場合、地域電力会社と迅速に連携をとり、マンションの安全を確保します。また、緊急時には中央電力の技術担当者、電気主任技術者が現場に駆けつけて対応します。

地域停電

マンションの周辺一帯が停電している場合、地域電力会社からの送電網に何らかのトラブルが起きた可能性があります。中央電力では、地域電力会社との情報共有を迅速に行い、緊急時の対応に備えます。

マンション停電

お住まいのマンションだけが停電している場合、地域電力会社からの送電網、もしくはマンションの電気設備に何らかの問題が発生した可能性が考えられます。中央電力の技術担当者、協力会社、地域電力会社、電気保安協会で情報共有し、万一の場合は緊急出動します。

住居停電

マンション全体の電気は点灯しているのに、一部の住戸だけが停電している場合、住戸内の電気設備に何らかの問題が生じている可能性があります。その場合、中央電力のサポートセンター(緊急用ダイヤル/24時間対応)にお電話をいただければサービススタッフが電気の復旧までをサポートします。

まずはお気軽にご相談ください。
お見積りのご依頼もお気軽に
お申し付けください。